夜はAVのあかね杏珠を想像してオナニーします

私が夜必ずすること、それは、オナニーです。私は普段はスーパーで働いている普通の女の子です。そんな私ですが、オナニーはとても激しいです。オナニーのときは、娼婦のように淫乱になってしまいます。性器の奥深くまでディルドをつっこんで、激しくオナニーします。私が淫乱であることは、私ひとりだけの秘密です。そう、私は淫乱なのです。セックスのことばかり考えています。普段は、優しそうだねとか、雰囲気がかわいいねとか言われますが、いやらしいのです。しかし、いやらしいからといって、セックスをしまくるのはよくないです。つまり、ヤリマンになってはいけないのです。そうなったら同性から嫌われるし、性器はゆるくなるし、性病にもなってしまいます。だから、私はオナニーをして、性欲をどうにか始末しています。ディルドは私の友達なのです。ちょっと、いやかなり変わった友達ですが。こんな淫乱な私でも、普段は清楚ぶっています。セックスの話になると、そんないやらしいこと私わからなーいと、かまととぶっています。そのほうがみんなから好かれるからです。もしディルドがなかったら、私はどうなっていたのか、ぞっとします。ヤリマンになっていたかもしれないと考えると、とてもぞっとしてしまいます。清楚な私には淫乱という秘密があるのです。